ここから本文です

ついにベールを脱いだ『ドクター・スリープ』に驚きの声、続出!「期待値を軽々と超えてきた」

2019/12/2(月) 19:13配信

Movie Walker

巨匠スタンリー・キューブリックが、スティーヴン・キングの小説を映像化した傑作『シャイニング』(80)の続編にして、完結編である『ドクター・スリープ』がついに公開。40年前、呪われたホテルで起きた惨劇を生き延びた少年ダニーは、大人になったいま、なぜ再びホテルに戻るのか?そして、彼は狂気に取り憑かれた父と同じ運命をたどってしまうのか…?週末の映画館には、公開を待ち望んでいた大勢のファンが駆けつけた。

【写真を見る】あの呪われたホテルが、40年ぶりにスクリーンに登場!

早速SNSには、「期待値高かったけど軽々と超えてきた!」「こんな上質なホラー映画を観られると思ってなかった」「おもしろすぎて、パンフと原作買ってしまいました」と、鑑賞後の絶賛コメントが飛び交っている。『シャイニング』ファンの人たちからも、「非の打ちどころがない『シャイニング』の続編」「『シャイニング』が古典ホラーなら、『ドクター・スリープ』はアクションホラー」と、かなり好意的に受け入れられている様子がうかがえる。

また、“ホラー”のイメージが先行しがちだが、実際には「ホラーというより、アクション映画」「怖いものが苦手な人も見られそう」「ジャンプ漫画みたいなストーリー」と、ただ怖いだけではなく、アクション的な見どころも満載の模様。「153分の長さも気にならず、最後まで見入ってしまいました!」「“恐怖”と“衝撃”と“感動”が休む間もなく押し寄せてきて、あっという間の2時間半だった」と、見応えのあるストーリーへの評価も高く、同じスティーヴン・キング原作の映画で大ヒット中の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(上映中)に通じるものもありそうだ。

さらに、今年大ヒットしたタイトルを引き合いに「『ジョーカー』を超える勢いでヤバい!」という熱い声もあれば、年末らしく「今年観た中では上位に入るおもしろさ」「2019年のNo.1作品!」というこの上ない称賛の声も。

『シャイニング』のあの衝撃を超える結末とは…!?謎のベールに包まれたストーリーを、ぜひその目で確かめてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:2019/12/13(金) 15:47
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事