ここから本文です

モウリーニョ監督が英国U-21代表MF獲得に待ったか…プレミア複数クラブが注目の逸材

2019/12/2(月) 21:35配信

SOCCER KING

 QPRに所属するイングランドU-21代表MFエベレチ・エゼはトッテナム移籍が破談に終わる可能性が高いという。1日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 トッテナムは以前からエゼに対して興味を抱いていたと報じられているが、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督が解任され、クラブの方針が転換したことに従ってエゼの獲得オペレーションは中止になったと同紙は報じている。

 ポチェッティーノ監督の下でのステップアップを望んでいたとされるエゼは、このトッテナムの動きの結果、今シーズン一杯QPRへの残留を決意したとのこと。

 そのエゼに対しては、トッテナムのほか、ウェストハムやレスター、チェルシーといったプレミアリーグの複数クラブが動向を追っていると同紙は伝えている。

SOCCER KING

最終更新:2019/12/2(月) 21:35
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事