ここから本文です

清原氏「薬物にもう負けないと誓えるか」との直球質問への返答

12/2(月) 19:24配信

スポーツ報知

 覚せい剤取締法違反(所持)で有罪判決を受け、執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博氏(52)が2日放送のフジテレビ系「Live News it!」(月~金曜)の密着取材を受けた。スタッフから「もう薬物に負けないと誓えますか?」と直球の質問を受けた清原氏は「いや本当にね、あの…。誓うってことは…。誓いますって言い切りたいですけど、これは日々、一日一日の積み重ねなので、一日一日積み重ねていくしかない」と即答を避けた。

【写真】Matt「勘違いされて迷惑」ネットでうわさの薬物使用疑惑を真っ向否定

 だがこの発言について、同番組に出演した専門家は「断言するのは簡単だが、薬物依存というのは回復が難しいものなんだと認識している」と指摘。「そういう点では回復に向かっている途上だと思います」として、一歩ずつ快方に向かっている証拠だと話した。

 VTRでは桜田門付近を車で通過する際に「見えてきましたよ、警視庁が。俺何階にいたんかな」とポツリ。44日にわたり勾留され「独房から出たら手錠をかけられて、腰縄をつけられて取調室まで行った。ほぼ毎日手錠をかけられるので、その瞬間が一番つらいですね。何とも言えないあの“ずしっと感”というか…」と振り返った。

 懲役2年6か月執行猶予4年の判決を受け、現在はトレーニングを積みながら毎月病院に通い、その間起こったことなどを話すカウンセリングを受けているという。「再犯率が(薬物は高いと)どうのこうのとか世間では言われているが、自分では違う前例を作っていきたい。『ああやっぱり清原やったな』って、いつか言ってもらえるように。あ、“やった”って薬物じゃないですよ」と清原氏。元妻と2人の息子、知人たち、今も応援してくているファンから支えられ、完全復活への歩みを進めている。

報知新聞社

最終更新:12/2(月) 20:49
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ