ここから本文です

一流奏者と夢コラボ 県内2楽団練習に熱 7日入善で演奏会 

2019/12/3(火) 0:10配信

北日本新聞

 入善町の入善コスモホールは7日、世界的ホルン奏者として知られるラデク・バボラークさん(チェコ)が出演するコンサートを開く。本公演前のオープニングプレコンサートでは県内で活動する音楽団体と共演する。団体は「またとない貴重な機会」と本番へ向け猛練習に励んでいる。 (朝日・入善支局長 高野由邦)

 入善コスモホールは3年前から、世界的に名高い一流音楽家の演奏技術に触れてもらおうと、地元音楽愛好家との共演の場を設けている。

 バボラークさんは元ベルリン・フィル管弦楽団首席奏者でホルン界のカリスマとされる。プレコンサートでは社会人や学生でつくる「とやま吹奏楽団toiro」(浜藤砂和代表)と社会人ホルンアンサンブル「富山ホルニステン」(音楽監督・田畑康志さん)とそれぞれ共演。モーツァルトやマーラーの楽曲を披露する。バボラークさんは「地元の皆さんとステージに立つのがとても楽しみ。富山の海の幸も味わいたい」と話す。

 本番に向け猛練習中の浜藤代表(44)は「とても勉強になる機会で楽器を続けるモチベーションアップにもつながる」と意気込む。開催前日に同ホールで公開リハーサルを行う。

 本公演では、バボラークさんとハープ奏者の吉野直子さん、弦楽四重奏団「クァルテット・エクセルシオ」が共演し、ドボルザークやバックスの楽曲を奏でる。

 午後2時開演。全席指定で一般3千円、学生千円。申し込み、問い合わせは同ホール、電話0765(72)1105。アーツナビやチケットぴあ、セブンチケットでも取り扱う。

最終更新:2019/12/3(火) 0:10
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事