ここから本文です

レッドブル・ホンダ1年目は表彰台9回。クリスチャン・ホーナー代表「ホンダとの成果を誇りに思う」

2019/12/3(火) 8:09配信

motorsport.com 日本版

 ヤス・マリーナ・サーキットで行なわれた2019年のF1最終戦アブダビGP。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2位でフィニッシュした。

【動画】2019年F1アブダビGP決勝ハイライト

 これはフェルスタッペンにとって今季9回目の表彰台。結果、レッドブルはコンストラクターズランキング3位で2019年シーズンを終えることになった。

「マックスは非常に力強いレースを戦い、2位でフィニッシュした。そして、ドライバーズランキングでも3位になった」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「今回の表彰台は、彼にとって今季9回目のトップ3フィニッシュだ。我々にとっては、通算で170回目の表彰台ということになる」

「最初のラップで、(フェラーリのシャルル)ルクレールにポジションを奪われてしまった。しかし良い戦略とペースを活かして、マックスはポジションを取り戻した。そして、レース終盤は快適に2番手を走った」

 一方、フェルスタッペンのチームメイトであるアレクサンダー・アルボンは、6位で最終戦を終えている。

「アレックスは集団の中にいて、セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)とのペース差は妥当なモノだった。我々はフェラーリのピットストップによる混乱を最大限活用しようとしたが、そうはうまくいかなかった。セブが2回目のストップを行なった際、我々はそれとは逆のことをしようとした。そして、最後の数周まで、接近戦が続くことは分かっていたんだ」

 そうホーナー代表は語る。

「アレックスの6位という成績は、依然として非常にポジティブな結果だ。彼は我々と共に戦った9レースで多くのことを学んだ。そのうち8レースでは、トップ6圏内でフィニッシュしたんだ。来年、彼からはもっと素晴らしいパフォーマンスが見られることを確信している」

 ホンダとの1年目を終え、ホーナー代表はこの結果を誇りに思うと語った。

「メインストレートでドーナツターンをして、シーズンを終えるのはいつでも素晴らしいことだ。我々のドライバーは、それをとても得意としている。そして、今年の後半は、F1にとって素晴らしいモノだったと思う」

「我々にとっては、ホンダとの過渡期とも言えるシーズンだった。しかしチームとして、我々はその成果を誇りに思うことができる。自信を持って冬を迎えることができるよ」

最終更新:2019/12/3(火) 8:09
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事