ここから本文です

学校でも実態を周知 詐欺防止へ 条例案「家族ぐるみで対策」

12/3(火) 20:32配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

山梨県は電話詐欺などの被害を防ぐための条例案に学校で子供にも実態を教えるなど家族ぐるみの対策を盛り込む方向で検討することになりました。
これは12月3日開かれた山梨県議会の条例案作成委員会で示されたものです。
電話詐欺などの被害防止の条例案は他の都府県の条例を参考にした上で県独自の項目として児童、生徒への周知と家族間の連携強化が盛り込まれています。
具体的には学校などで子供たちに電話詐欺の実態を伝えてもらい家族間で対策を話し合う機会を設けてもらうことで被害防止に向け県民の意識づくりを後押しします。
山梨県警によりますと11月末までに県内で確認された電話詐欺の被害件数は去年より8件増え65件で被害金額は1億円に迫っています。
委員会では電話詐欺の被害防止に向け条例案を来年の2月県議会への提出を目指しています。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:12/3(火) 20:32
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事