ここから本文です

プロ野球選手の年俸なぜ「推定」 夢売る職業ならでは

12/3(火) 5:45配信

朝日新聞デジタル

 プロ野球選手の契約更改報道は、「金額は推定」という前提がある。これは本人や球団に金額を公表する義務がないためだ。ただ、契約更改時に合わせて各選手の記者会見が設定されているのが通例で、オフの過ごし方とともに、記者からは金銭的な質問もとぶ。

【写真】初めての契約更改に臨んだ中日の根尾は200万円減でサインした

 記者会見では、はっきりと公表してくれる選手もいれば、「アップ」、「ダウン」、「球団に聞いてください」などと公表しない選手も。そのため、各球団担当の記者たちは会見のあとに、本人や球団幹部を再取材。ただ、その場面でも「だいたい」とか「そのぐらい」などという返答が多い。記者が増減を推測し、言葉などから少しずつすり合わせて金額を出すことから、「推定」となる。全選手の「給料」が報じられるのはプロ野球ぐらい。「夢を売る職業」としてのファンサービスのような位置づけだ。

朝日新聞社

最終更新:12/3(火) 11:29
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事