ここから本文です

薩摩錫器「ねずみ」の置物づくりがピーク

12/3(火) 19:42配信

KTS鹿児島テレビ

師走に入り、鹿児島県霧島市にある薩摩錫器の工房では来年のえと「ねずみ」の置物づくりがピークを迎えています。

毛並みや体の動きまで細かく表現された来年のえと「ねずみ」。

霧島市国分中央にある薩摩錫器の工房では、えとの置物やおとその器など正月用の錫器づくりが進められています。

薩摩錫器は、県内外のデパートなどで販売されるほか、ふるさと納税の人気の返礼品にもなっていて、工房は注文が混み合う年末まで忙しい日々が続きます。

鹿児島テレビ

最終更新:12/3(火) 20:23
KTS鹿児島テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事