ここから本文です

<富野由悠季監督>ガンプラが宇宙に「こんなにうれしいことはない」 地球への最初のメッセージを書き下ろし

12/3(火) 15:05配信

MANTANWEB

 2020年夏の東京五輪・パラリンピックを宇宙空間から応援する企画「G-SATELLITE 宇宙へ」の会見が12月3日、バンダイナムコ未来研究所(東京都港区)で行われ、人気アニメ「ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が登場した。超小型人工衛星「G-SATELLITE」に「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」を格納し、宇宙空間へ打ち上げるという企画で、衛星(レプリカ)がお披露目された。富野監督は、「宇宙にガンプラを持って行けるということは、かなり大きな意味があります」と話し、「こういう機会をいただけなければ、クリアできなかった。こんなにうれしいことはないです」と喜びを語った。

【写真特集】富野監督も満面の笑み ガンプラを宇宙へ運ぶG-SATELLITE 写真を一挙紹介

 企画では、超小型人工衛星「G-SATELLITE」にガンダムとシャア専用ザクのガンプラを格納し、2020年3月中旬(予定)に国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙空間へ放出。東京五輪の期間前から期間中にかけて地球周回軌道を飛行しながら、応援メッセージを地球に向けて発信する。

 宇宙空間への地球への応援メッセージの最初となる「ファーストメッセージ」は音声で、アムロとシャアの声で地球に届けられる。メッセージは富野監督が書き下ろす。富野監督は「真実を高らかにうたい上げるメッセージを作りました。ここでは発表できないので、宇宙からの電波で受信してほしい。笑っちゃいますよ」とにっこり。「ガンダムとザクに乗っている2人は基本的に戦闘中という想定がありますので、そこから抜け出してきた会話を作るので、大変だったんですよ」と明かした。また、宇宙からメッセージを届けることについて「こういうジャンルのものでは、初めてですよね。『スター・ウォーズ』ではやってない」と胸を張った。

 「G-SATELLITE 宇宙へ」は、東京2020組織委員会が日本を代表するクリエーターやイノベーターらが一丸となって東京2020大会を盛り上げる「ONE TEAM PROJECT」の第2弾で、東京大学、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)と特別コラボ。ガンプラを格納した超小型(10×10×30センチ)衛星「G-SATELLITE」を補給船に搭載して打ち上げ、その後、ISSきぼう日本実験棟からからロボットアームを用いて宇宙空間に放出する。

 衛星に搭載するガンダム、シャアザクのガンプラは、宇宙空間へ放出される際にはコックピットに格納され、「G-SATELLITE」が地球周回軌道に乗った後、コックピットが展開し、宇宙空間に現れる作りになっている。過酷な宇宙環境に対応できる素材と塗料を使用したガンダム、シャアザクのガンプラは、足元にメッセージを表示する電光掲示板を搭載し、目は五輪カラーの5色に変化。また、その様子を撮影するため、衛星には7台のカメラが設置される。

最終更新:12/3(火) 15:47
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事