ここから本文です

プロテストの次は来季出場権をかけた争いへ “プラチナ世代”の初QT、その初日は?

12/3(火) 18:19配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<LPGA QTファイナルステージ 初日◇3日◇こだまゴルフクラブ (埼玉県)◇6472ヤード・パー72>

アン・シネさん、カゼですか?【写真】

2000年4月~01年3月生まれの学年で、“プラチナ世代”とも呼ばれる選手たちが、初めて経験するQTファイナルステージ初日のラウンドを終えた。11月に行われた最終プロテストを終え、次は来季出場権をかけた争いに臨んでいる。

そのなかで2アンダー・6位タイと好発進を切ったのが、プロテストを4位タイで通過した安田祐香。来季の出場権がかかる試合でも4バーディ・2ボギーと安定感バツグンのゴルフを続け、上位につけた。先週行われたファイナルステージは「ショットが悪かったけど、パター、アプローチでかろうじて通過できた」と、決して納得がいくラウンドにはならなかった。それでも「先週に比べると楽になった」と、懸案だったショットにキレが戻りつつある。

一昨日に1ラウンド、さらに前日にハーフを回り、「私としては十分」というほどコースを確かめた。そのなかで注意するホールに挙げたのは、フェアウェイ中央に木が配置された14番パー4。417ヤードと長めのホールで、「ラフからロングアイアンを打つこともある」と警戒心を強めた。

それでも来季出場権がかかったQTを戦うえで、レギュラーツアーで何度も繰り広げた上位争いの経験が生きそうだ。「(これまでの試合は)全部レベルが高かったので、『QTだから』と思うことは特にない。ショットがよくなればスコアは伸ばせると思います」。貫禄の突破が期待される。

前半だけで3オーバーと一度は崩れそうになりながら、後半それを帳消しにしたのが吉田優利だ。こちらは独特の雰囲気に最初のまれそうになり、「小さいゴルフになっていた」と自分のプレーができなかったことを反省。「ファーストに比べて、通過する人数が多く感じてしまって……」と少しだけ気持ちのゆるみもあったようだ。この日の上り2ホールとなった8番、9番で1mのバーディパットを連続で決めた勢いをあすにつなげ、イーブンパー・28位タイから一気に上位進出を狙う。

一方、2オーバー・57位タイとやや出遅れたのが西村優菜。こちらは前半はすべてパーを並べてしのいだが、後半に入ると2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと一転、出入りの激しいゴルフに。この原因に挙げたのが「ティショット」。なかなか曲がりを抑えることができず、苦しいラウンドになった。それでもラウンド後の練習できっちりと調整。「ファーストとは雰囲気が違いますが、しっかりとやるべきことをやって、あすはアンダーで回りたい」と、ここからレギュラーツアー出場権圏内へと駆け上がっていくつもりだ。

他にも、この世代の選手では、澁澤莉絵留が1アンダー・15位タイと上々の滑り出し。また合格はならなかったものの、プロテストの最低合格ライン(トータル1オーバー)から2打差以内に入った権利でQT出場につなげた後藤未有は、5オーバー・83位タイからのスタート。残り3日間で、来季の前半戦フル出場ができると見られる35位以内を目指したい。(文・間宮輝憲)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:12/3(火) 18:19
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事