ここから本文です

【オーストラリア】新型潜水艦コスト、総額16兆円超え!

12/3(火) 11:30配信

NNA

 オーストラリア海軍が導入する計画の新型潜水艦「アタック級」12隻は、物価上昇を考慮すると、建造から寿命を迎えて就役期間を終えるまでに総額で2,250億豪ドル(約16兆7,110億円)以上の費用が掛かる見通しだ。これまでに示されていた数字を大きく上回る。11月30日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

 新型潜水艦の最初の1隻は2032年ごろに海軍に引き渡され、最後の1隻は2080年代に退役する予定。潜水艦建造計画を率いる豪海軍のグレッグ・サマット准将は昨年、次期潜水艦12隻の維持費が500億豪ドルとしていたが、インフレ率を計算に入れると、維持費は2080年には1,450億豪ドルに上る見込みであることを明らかにした。

 フランス政府系造船会社ネイバル・グループに委託した潜水艦の建造プロジェクトの総費用は500億豪ドルとされていた。このほかに武器の購入費や埠頭(ふとう)の改修などのインフラ費用を含めると800億豪ドルに上る見通し。これに維持費を加えると2,250億豪ドルになる。

 最大野党労働党によれば、サマット准将は、次期潜水艦の建造が当初の予定である2023年には始まらないことを認めている。同准将は建造機材の評価などの「船体の必要条件」に関する活動は予定通り始まる見込みとした上で、潜水艦の建造自体が始まるのは2024年になると述べているという。

最終更新:12/3(火) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事