ここから本文です

2020年のF1タイヤはどうなる? ピレリ「内圧を下げれば新タイヤが機能する」と主張

12/3(火) 20:14配信

motorsport.com 日本版

 アブダビGPで全21戦の2019年シーズンを終えたばかりのF1。12月3日(火)、4日(水)にはタイヤテストが行なわれ、早くも2020年に向けたデータ収集が進められていくことになる。

【動画】18度バンクを空から激写。改修進むザントフールトの最終コーナー

 このテストでは2019年仕様のタイヤと、来季に導入される予定の仕様のタイヤの比較テストが実施される。ドライバーからのフィードバックを受けて投票が行なわれ、7チーム以上が新しいタイヤの導入に反対した場合、来季も今季と同じタイヤが使用されることになる。

 2020年仕様のタイヤは、F1アメリカGP初日にチームに2セットずつ供給されテストされたが、各ドライバーからは否定的なコメントが相次いだのだ。

 ピレリは、アメリカGPでは気温・路面温度が予想以上に低かったこと、ショルダー形状が異なる2020年のタイヤに合わせてマシンを調整する時間がなかったことに加え、タイヤ内圧が合っていなかったことが、新タイヤが不評だった原因だと考えている。

「新しいタイヤがどんなものであるか、チームに情報を提供した」と、ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは語った。

「静的プロファイルや動的プロファイルなどのデータを活用し、最良の方法でマシンをセットアップできる。新しい構造はより低い内圧で機能するように設計されているため、レースで使用されている(2019年の)タイヤとは対処が異なるんだ」

「開発テストでは、タイヤの内圧を下げた時に改善が見られた。そのため、今回のテストでは前後ともに最低内圧が1.5psi下げられている。チームにはこの違いを考慮するようにお願いしている」

「タイヤの内圧を下げて行なわれた開発テストでは、新しい構造のタイヤのグリップは現在のタイヤよりわずかに高かった。だから、アメリカGPでのグリップ不足についてのコメントは、調査結果と一致していないんだ」

 イゾラは、アメリカGPでは時間が限られていたため、理想的なタイヤ内圧で走行することはできなかったと話した。

「アメリカGPでは時間が限られており、タイヤに合わせて適切なセットアップに変えることは不可能だった。言うまでもなくテストではリラックスして比較ができるので、より実践的なはずだ」

「それはアメリカGPだけのハンディキャップではない。タイヤのプロファイルが異なるため、ダウンフォースレベルも変わってくる。当然だが、フリー走行でチームにフロアを変えるように依頼することは不可能だ」

「しかしテスト中なら、セットアップを調整し、必要に応じてフロアを調整する時間がある。彼らはテスト中、異なるアプローチを採るんだ」

「私がチームに求めているのは、技術的にふたつのタイヤの構造を適切に比較し、それぞれのパフォーマンスを理解してもらうことだ。その上で、どんな決定が下されても歓迎する」

 各チームは、アブダビでのタイヤテストで計20セットのタイヤを使用できる。このうちの12セットをピレリが指定しており、2019年仕様のC3およびC4タイヤが各2セット、2020年仕様のC2~C5タイヤが各2セット提供される。残りの8セットは、チームが選択しているようだ。

Adam Cooper

最終更新:12/3(火) 20:14
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事