ここから本文です

ベトナム海上警察の巡視船が横浜初入港 海保と連携訓練

12/3(火) 21:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 ベトナム海上警察の巡視船が2日、横浜港に初入港した。同国の巡視船が日本に来航するのは初めて。海上保安庁と合同で連携訓練を行うために横浜海上防災基地(横浜市中区)に着岸した。

 全長約90メートルの巡視船「CSB8002」(3091トン)は44人が乗り組み、11月24日にベトナムを出港したという。

 この日は入港歓迎式典が行われ、第3管区海上保安本部(横浜)の高木正人総務部長が「今回の寄港と連携訓練が日越両機関の一層の連携強化に寄与し、両国の友好親善に貢献することを希望する」と歓迎。ベトナム側を代表してチャン・スアン・ルオン大佐は「連携訓練を通して互いの優れた技術を共有することで、さらなる能力向上を図りたい」とあいさつした。海上保安庁音楽隊の演奏や花束贈呈などが行われた。

 海上保安庁とベトナム海上警察は15年に両機関が署名した協力覚書に基づき、インド・太平洋地域での治安の維持と安全の確保に連携して取り組むとしている。

神奈川新聞社

最終更新:12/3(火) 21:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事