ここから本文です

バレ、ソフトB入り濃厚!2年10億円用意 王会長はチーム活性化期待

12/3(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ヤクルトから自由契約選手として公示されたウラディミール・バレンティン外野手(35)のソフトバンク入りが2日、濃厚になった。交渉解禁と同時に接触を開始。2年総額10億円程度の契約と、背番号4を用意しているとみられる。ヤクルトでの今季年俸は4億4000万円だった。

 通算288本塁打の大砲が加われば打線が強化される。さらに福岡市内で「王讃会」のパーティーに出席した王貞治球団会長(79)は「そういう壁になる人が入ったり、もともと壁になる選手を乗り越え、うちは若い人がレギュラーになっているからね」と、チームの活性化を期待した。

 バレンティンは今季途中に国内FA権を取得し、来季から外国人選手枠を外れて日本選手扱いとなる。十分な戦力を持ちながら、さらなる補強に動いた三笠GMは「レギュラーのほとんどが常にいると考えた編成はしない方がいい。故障や選手の状態もある中、シーズンを通じて高いレベルの選手がいる状況を作ることがフロントの仕事」と意図を説明した。

最終更新:12/3(火) 7:00
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事