ここから本文です

今年のVW「cross up!」は beats sound system 標準装備、216万9000円で販売開始

2019/12/3(火) 18:00配信

レスポンス

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は12月3日、スモールカー『up!』をSUVルックに仕立てたクロスオーバータイプの限定車『cross up!』を500台限定で販売を開始した。

[記事画像全15枚]

cross up!は、2017年、2018年に続き3度目の導入となるが、安全装備や快適装備、SUVルックなスタイリングに加えて、今年はプレムアムサウンドシステム「beats sound system」を標準装備する。300W、8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサーを搭載。6個の高性能スピーカーとサブウーハーを車両全体にレイアウトすることで、力強い低音から澄み渡る高音まで楽しむことができる。

先進安全装備では、後方の障害物を検知するパークディスタンスコントロールやオプティカルパーキングシステム、リヤビューカメラ「Rear Assist」も標準装備。駐車時の安全性を大幅に高めている。また、純正インフォテイメントシステム「Composition Phone」やスマートフォンホルダーなどのインフォテイメントパッケージに加え、フルオートエアコン、シートヒーターやクルーズコントロールなどの快適装備も充実させた。

エクステリアは、シルバーとブラックの専用パーツのコントラストがボディカラーにアクセントとして映えるようにデザイン。インテリアはスポーティなブラックで統一し、ドアシルプレートやアンビエントライトなどが特別感を与えている。

ボディカラーはコスタアズールメタリック、ハニーイエローメタリック、トルネードレッドの3色を設定。価格は216万9000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2019/12/3(火) 20:35
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事