ここから本文です

賄賂の商品券を本名で換金か 入試で受託収賄容疑の教諭

12/3(火) 12:40配信

朝日新聞デジタル

 福岡県立八幡南高校(北九州市八幡西区)の2016年度の推薦入試をめぐり、受託収賄容疑で逮捕された高校教諭本田竜大(りゅうた)容疑者(40)=同県直方市感田=が、賄賂として受け取った商品券を換金していたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は目的や使い道について捜査している。3日には県教委を捜索した。

 捜査2課によると、本田容疑者は同校に勤務していた15年8月中旬ごろ、同校にスポーツ推薦入学を希望する男子生徒の父親から、自身が務めるサッカー部顧問の推薦枠で推薦するよう依頼され、2万数千円分の飲食接待を受けた。合格発表後の16年3月下旬ごろには、同様の接待を受け、商品券100枚(計10万円)をもらった疑いがある。

 捜査関係者によると、生徒の父親は、商品券を北九州市内の百貨店で購入。本田容疑者はこれを受け取り、換金したという。この際に本名を使ったとみられる。

朝日新聞社

最終更新:12/3(火) 18:18
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事