ここから本文です

【キャデラック XT5 改良新型】新開発9速AT搭載 価格650万円より

12/3(火) 19:56配信

レスポンス

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラック『XT5』改良新型を日本市場に導入し、2020年1月1日から販売を開始する。

[関連写真]

XT5改良新型は、「プレミアム」と「プラチナムスポーツ」の2モデルを展開。フロントグリル、サイドモールディング、ホイールデザインなど、それぞれの個性を表現する、存在感あふれるスタイリングに刷新した。ラグジュアリーなプレミアムは、インテリジェントAWDを装備し、滑りやすい路面でも安定した走りによる快適な走行を提供。一方、ダークなカラーリングを施したプラチナムスポーツは、アルミスポーツペダルやパドルシフトなどスポーティな専用装備に加え、スポーツチューンドAWDやアクティブダンピングサスを搭載。アグレッシブな走行を実現する。

パワートレーンは最高出力314ps/最大トルク368Nmを発生する3.6リットルV6エンジンと新設計の9速ATを組み合わせ、より俊敏で滑らかな走行性能と経済性を高い次元で両立。直線的な操作が特徴の次世代電子シフターを採用したほか、V6のパワーが必要ない場合は4気筒モードで稼働させ、燃費性能の向上に寄与する。

キャビンはホイールベースを拡大したことでクラス最大級の広さを確保。高いアイポイントと標準装備の電動サンルーフにより、ゆとりと開放感を実現している。また、60:40分割セカンドシートにより、多彩なシートアレンジも可能。インフォテイメントシステムは、最新のインターフェースを採用。接続性とカスタマイゼーションも進化し、Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応する。また、特別チューニングのBOSEパフォーマンスシリーズ サウンドシステムを搭載。14個のスピーカーにより臨場感ある音響空間を実現する。

安全装備は、エマージェンシーブレーキシステム(フロント&リアオートマチックブレーキ/フロント&リア歩行者対応ブレーキ)、リアカメラミラー、アダプティブクルーズコントロールなど、20以上を標準搭載。また、滑りやすい路面でも安定した走りを実現するインテリジェントAWDに加えて、ドライビングシーンに合わせて最適なドライブモードを選択できる。

価格はXT5プレミアムが650万円、XT5プラチナムスポーツが785万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:12/3(火) 22:03
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事