ここから本文です

<るろうに剣心>初の展覧会が2020年4月開催 作品誕生から25周年

2019/12/4(水) 11:00配信

MANTANWEB

 和月伸宏さんの人気マンガ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の初となる展覧会「25周年記念 るろうに剣心展」が、2020年4月から東京ドームシティ Gallery AaMo(東京都文京区)で開催されることが12月4日、分かった。展覧会は、同作が1994年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始してから25周年を記念したもので、直筆原稿やカラー原画などが展示される。2020年4月24日~6月7日に開催。

【写真特集】「この負け犬が!」 斎藤一の検定がドSすぎる!

 展覧会は、主人公・緋村剣心たちキャラクターの姿を、かつてない規模の直筆原稿やカラー原画で展示するという。京都や新潟など日本各地での開催も計画中。

 「るろうに剣心」は、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた緋村剣心が明治維新後、不殺(ころさず)を誓った流浪人(るろうに)として、新たな時代の生き方を模索していく姿を描いた。1994~99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化、実写映画化もされた。新章の「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-」が、2017年から月刊マンガ誌「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で連載中。全世界シリーズ累計発行部数(電子版を含む)は7200万部以上。

最終更新:2019/12/4(水) 11:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事