ここから本文です

結局、大型ショッピングモールは街を生かすのか、殺すのか

12/3(火) 8:27配信

ITmedia ビジネスオンライン

 テラスモール松戸、南町田グランベリーパークなど首都圏で大型ショッピングモールの開業が相次いでいる。ということもあってなのか、以下のような巨大ショッピングモールに好意的な報道がチラホラと出てきた。

石川県の「イオン新小松」に、また行きたい理由

 『開業続々!巨大ショッピングモールは「シニアの楽園」』(毎日新聞 12月1日)

 クルマ社会とネット通販全盛の米国では巨大ショッピングモールが廃墟化しているが、日本のモールは電車やバスのアクセスが良く「徒歩客」も多いので集客が好調。図書館でヒマをもて余すような、リタイアしたシニアらの新たな憩いの場にもなっているというのだ。

 一方で、地方都市になると、ちょっとムードが変わる。巨大ショッピングモールの出店が激しくなった2000年代から、一部の人たちから「古き良き商店街を殺し、町を破壊する悪のスキーム」と長らく目の敵にされてきたからだ。分かりやすいのが、「無印良品くらしの良品研究所」による、「郊外のショッピングモールが町を壊す」(2013年10月30日)というコラムだ。

 欧州あたりの小さな町は、ウィンドウショッピングなんかして楽しむ人でにぎやかだが、日本の町は面白くなく、人通りも途絶えている。これは「人々の行動は郊外のショッピングモールと駅に二分され、その間の町は空洞化していく」からだというのである。

 「あれ? ウチの近くのイオンモールにも確か無印が入っていたような……」というツッコミはさておき、このような主張をされている方はいまだに多い。つまり、巨大ショッピングモールは一見すると、地域の人々に便利と、楽しさを提供しているが、実のところはその町独自の魅力を殺して、どこにでもある個性のない町へと変えてしまう「破壊者」だというのである。

筆者が注目している3つのこと

 では、本当のところはどうなのか。

 18年末時点で3220ある日本のショッピングセンターの中でも店舗規模区分が5万平方メートル以上のものは160まで増えてきている。イオンのショッピングモールも国内外で200拠点を展開している。ここまで社会に定着してきた巨大ショッピングモールは結局のところ、町を殺しているのか、生かしているのか――。

 いろいろな意見があることは百も承知だが、個人的には「町を生かしている」面も否定できないのではないかと思っている。

 もちろん、物事にはプラスの面もあればマイナスの面もあるので単純に白黒がつけれるものではないだろう。例えば、地域に巨大ショッピングモールが出店して、周辺の商店街が売上激減するというのは、さまざまなデータが示している。地方の老舗百貨店の衰退にも影響を与えているという指摘も少なくない。しかし、その半面、巨大モールに入るテナントが多くの雇用を生み出し、県外に流出していた若者を呼び戻しているというプラス面も否定はできない。

 そのような巨大ショッピングモールが町にもたらす「恩恵」の中でも、筆者が特に注目をしているのは以下の3つである。

(1)娯楽の少ない地方都市に「レジャー」が増える

(2)百貨店や商店街の中では閉店するような店舗が成立する

(3)大規模災害の避難場所など、地域の防災・復興の拠点になる

 まず、(1)の「娯楽の少ない地方都市に『レジャー』が増える」については多くの説明はいらないだろう。ディスっているわけではなく、地方はどうしても大都市圏に比べて、若者や家族連れが楽しめる「レジャー施設」が少ない。だから、休日になると地元の商店街を飛び越えて県外へと遊びに行く。このような人の流出を巨大ショッピングモールが防いでいる側面があるのだ。

 事実、良い悪いは別にして、イオンモールなどの巨大ショッピングモールで1日を過ごす若者や家族連れは少なくない。シネコン、ゲームなどアミューズメント施設、カフェ併設の大型書店、ショッピングゾーン、フードコート、レストランエリアなど、最近は地域の交流イベントや、お笑い芸人のライブ、コンサートなどを行う施設も多い。

1/5ページ

最終更新:12/3(火) 8:27
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事