ここから本文です

USB Type-CとHDMIをサポートした15.6型モバイル液晶ディスプレイ「Vinpok Split」を試す

2019/12/3(火) 11:45配信

ITmedia PC USER

観音開きスタイルでの設置は難しい?

 最後に設置方法について見ていこう。サブディスプレイは一般的にノートPCの横に並べて使うが、本製品の場合、ノートPCのディスプレイの左右に本製品を直接取り付けた、観音開きのような装着方法がメーカーサイトやクラウドファンディングのページに掲載されており、この使い方を想定している人も多いはずだ。

 しかし実際に試した限り、これはあまり現実的ではない。1つめの理由はボディーサイズで、15.6型もの大きさがあると、本製品が宙に浮くような取り付け方ができるノートPC自体が限られてくる。今回試用している14.1型のノートだと、上端をそろえて取り付けた時に宙に浮く余地がない。実質17型クラスのノートに限られるだろう。

 もう1つは重量だ。本製品はいかに軽いとはいえ、625.9gという、初代iPad並みの重量がある。600gオーバーの製品をノートPCの横に取り付けたとして、倒れずにバランスを取るには、ノートPCが最低3kg程度なくてはならない。左右に1台ずつ取り付けてバランスを取る方法もあるが、そうなると自重が1.3kgにもなり、ノートPCのヒンジへの負荷が心配になる。

 そして何より問題なのは、取り付けに使用するオプションのクリップ(税別1980円)の強度だ。このクリップは、Ten One Designというメーカーの「Mountie」のOEM品のようだが、以前これを試したことのある筆者に言わせると、耐えられるのはせいぜい500g以下のタブレットまでで、しかも縦向きに装着した場合のみだ(同製品は公式ページに耐荷重を公開していない)。

 クリップの幅もわずか3cmほどしかない簡素な仕様で、600gを超える本製品を横向きに固定するには無理があり、狭額縁ゆえ強く締め付けることで液晶パネルの破損も懸念される。OEM元はこうした事情ゆえ、10型前後のタブレット向けにクリップを2つに増やした姉妹品「Mountie+」を既にリリースしているほどで、本製品での利用には難があるというのが率直な感想だ。

 そのため、もし観音開きスタイルを実現したい場合、重量3kgを超える17型以上のノートPCを用意するのはもちろんのこと、クリップについては別製品を自前で調達した方がよい。ただ、その場合もノートPCのヒンジ強度の問題は残る他、観音開きといっても開閉できる構造があるわけではないので、総合的に考慮すると、やはり付属のスタンド兼用カバーで横並びに設置した方がよいだろう。

3/4ページ

最終更新:2019/12/3(火) 15:04
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事