ここから本文です

日本ハム中田は1000万円増 来季へ「一年通して戦い抜くのが大事」

12/3(火) 17:49配信

東スポWeb

 日本ハムの中田翔内野手(30)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万増の2億9000万円でサインした。

 今季は124試合に出場し、打率2割4分2厘、24本塁打、80打点。ケガなどもあり、本調子で一年間過ごせなかっただけに「ケガだったり、そういうのをなるべく少なくした上で、一年通して戦い抜くのが大事だと思いますし、ここ数年優勝しているチームは、主力がスタートから最後までいる。気をつけながらやっていきたい」と“ケガ0宣言”だ。

 守るべきものも増えた。今年8月に第3子となる長男が誕生。最近の楽しみは、もっぱら愛息のおもちゃ選びだといい「子供が喜びそうなおもちゃ見るのが楽しくて。200円、300円のものですけど、そういったもの見るのが楽しみ」と父親の顔に。何か買ってあげたいものがあるか聞かれると「すべて与えてますからねぇ。おもちゃもたくさん買ってるからね。何か聞いて、欲しいものあれば買ってあげたいなと思いますけどね」と“中田節”で笑いを誘った。

 チームのため、新たな家族のため、3年契約の2年目となる来季は主砲としての責務を全うする。

(金額は推定)

最終更新:12/3(火) 17:57
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事