ここから本文です

巨人が前中日の友利結氏と契約 海外スカウト担当として外国人選手発掘へ

12/3(火) 15:04配信

デイリースポーツ

 巨人は3日、前中日ドラゴンズ国際渉外担当の友利結氏と、来季からの編成本部海外スカウト担当として契約を結んだと発表した。

 友利氏は現役引退後、レッドソックスで国際担当顧問兼巡回コーチを務めるなど米球界に太いパイプを持つ。中日時代は監督も務めた森繁和氏の右腕として投手コーチのかたわら外国人選手の発掘にも関わってきた。17年途中から編成部国際渉外担当専任となり、今季活躍したロドリゲス、R・マルティネス、ロメロらの獲得に成功するなど実績は十分だ。

 今シーズン終了後に中日から森氏らとともに契約満了による退団が発表されていた。北米から中南米まで幅広く人脈を持っており、巨人でも優良助っ人発掘に期待がかかる。

最終更新:12/3(火) 15:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事