ここから本文です

「農山漁村の宝」に島根・魚の屋 最優秀グランプリ

12/3(火) 19:40配信

共同通信

 政府の有識者懇談会は3日、地域活性化に取り組む優良事例「ディスカバー農山漁村の宝」の最優秀に当たるグランプリに、希少な天然ワカメのブランド化で漁師の収入増や障害者の雇用拡大に貢献した、魚の屋(島根県大田市)を選んだ。

 同社は障害者就労施設や1人暮らしの高齢者にワカメの加工作業を発注し、水産業と福祉をつなげた地域振興を実現した。所得向上や雇用増に寄与するビジネス部門から選ばれた。

 政府は「農山漁村の宝」を「むらのたから」と呼び、選定した団体や個人の活動をホームページなどで紹介している。6回目の今年は全国から931の応募があった。

最終更新:12/3(火) 19:53
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事