ここから本文です

秩父夜祭、豪華な山車に歓声 冬の街に見物客ら21万人

12/3(火) 20:53配信

共同通信

 京都の祇園祭、岐阜の高山祭とともに日本三大曳山祭りに数えられる埼玉県秩父市の秩父祭(秩父夜祭)の大祭が3日夜開かれ、訪れた大勢の見物客が冬の街を駆ける豪華な山車の行列に歓声を上げた。主催者によると、この日の人出は約21万2千人。

 日が落ちた午後6時ごろ、ぼんぼりをともし、極彩色の飾りを施した4基の「屋台」と2基の「笠鉾」と呼ばれる山車計6基が秩父神社を出発。武甲山の男神と秩父神社の女神が年に1度出会うとされる、秩父公園の「御旅所」を目指した。急勾配の「団子坂」に差し掛かると、盛り上がりは最高潮に。約6千発の花火が上がる中、沿道から大きな拍手が起きた。

最終更新:12/4(水) 7:48
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事