ここから本文です

【阪神JF】1994年以来のV目指す武豊騎手 キャリア5戦のヤマカツマーメイドに騎乗予定

12/3(火) 21:22配信

サンケイスポーツ

 1994年(ヤマニンパラダイス)以来25年ぶりの阪神JF制覇を目指す武豊騎手は、ヤマカツマーメイド(栗東・池添兼雄厩舎)に騎乗予定となっている。グレード制が導入された1984年以降、騎手の同一JRA・GI最長間隔勝利は、横山典弘騎手が2014年宝塚記念で記録した「23年ぶり」で、武騎手が阪神JFを勝つとこの記録が更新される。

 ヤマカツマーメイドは登録馬のうち最多タイのキャリア(5戦)を誇り、デビュー3戦目の初勝利後は、りんどう賞(1勝クラス)1着、ファンタジーS(GIII)4着という成績を残している。武騎手は豊富なキャリアを誇るヤマカツマーメイドを2歳女王の座に導くことができるだろうか。Vなら、阪神JFが牝馬限定戦になった1991年以降では最多タイのキャリアでの優勝となる。

最終更新:12/3(火) 21:22
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事