ここから本文です

【阪神JF】今年の2歳戦最多勝の西村真幸調教師 手塚貴久調教師は管理馬2頭を登録

12/3(火) 21:34配信

サンケイスポーツ

 今年のJRA2歳戦は6月1日から始まったが、12月2日現在、JRA2歳戦での調教師別勝利数を見ると、西村真幸調教師(栗東)が14勝を挙げてトップとなっている。今年、西村厩舎の2歳馬は12頭が勝ち上がっており、タイセイビジョンでは京王杯2歳S(GII)を制している。

 西村調教師は阪神JFにコスモス賞を制したルーチェデラヴィタを登録しているが、GIでも好成績を挙げることができるだろうか。なお、西村調教師に次いで2歳戦2位タイの12勝を挙げている手塚貴久調教師(美浦)は、阪神JFにオータムレッド、マルターズディオサの2頭を登録している。

最終更新:12/3(火) 21:34
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事