ここから本文です

裏千家若宗匠に次男、敬史さん

12/3(火) 21:22配信

産経新聞

 茶道三千家の一つ、裏千家(京都市上京区)は3日、千宗室家元の次男、敬史(たかふみ)さん(29)が次期家元となる若宗匠(わかそうしょう)の格式を来年10月に継承すると発表した。

 敬史さんは平成2年、京都市生まれ。25年に立命館大法学部を卒業し、27年から一般財団法人今日庵理事、30年から一般社団法人茶道裏千家淡交会副理事長に就任している。宗室家元の名代として、神社仏閣における献茶式に奉仕しているほか、全国の研修会などの諸行事に宗家として出席している。

 令和2年10月8日に今日庵内の宗家利休御祖堂で若宗匠の格式宣誓式を行い、翌9日に千家の菩提寺である大徳寺聚光院(北区)で格式奉告献茶式などを実施する予定。

最終更新:12/3(火) 21:22
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事