ここから本文です

大型契約に一番近いのは筒香?! 過去の例から占うMLB移籍表明選手たちの契約の行方

2019/12/3(火) 6:20配信

高校野球ドットコム

 今オフ、4名の日本人選手がポスティング・海外FA権行使でのMLB移籍を表明した。山口 俊(巨人)、秋山 翔吾(西武)、菊池涼介(広島)、筒香 嘉智(DeNA)と、日本代表でも活躍を見せた顔が並ぶが、偶然にも野手の移籍が重なった。近年は日本人野手がなかなか活躍できない状況が続くが、そんな現状の打破にも期待がかかる。

【動画】渡辺元智前監督が語る筒香嘉智の高校時代「筒香は天性の飛ばし屋でした」

 今回は、過去にMLB移籍を果たした選手で、彼らに似たスタイルの選手がどれほどの契約を手にしていたのか振り返ってみたい。

キャリアハイを残した山口、ピーク真っただ中の秋山

 まず、彼らの日本でのキャリアを見てみよう。

山口 俊(柳ヶ浦高卒14年目・32歳)
427試合 64勝58敗112セーブ25ホールド 1080.1回 1053奪三振 防御率3.35

秋山 翔吾(八戸大卒9年目・31歳)
1207試合 1405安打 116本塁打 513打点 112盗塁 打率.301

菊池涼介(中京学院大卒8年目・29歳)
1047試合 1117安打 85本塁打 379打点 107盗塁 打率.271

筒香 嘉智(横浜高卒10年目・28歳)
968試合 977安打 205本塁打 613打点 5盗塁 打率.285

 改めて、各選手とも堂々たる成績を残してのMLB表明ということがわかる。

 山口は勝利数こそずば抜けているわけではないが、抑えとして112セーブを挙げるなど、先発・中継・抑えのどのポジションでも実績を残してきた。山口に似たスタイル・年齢の投手としては、2017年オフにオリックスからダイヤモンドバックスに移籍した平野佳寿が挙げられる。当時33歳だった平野は2年600万ドル(約6億4800万円)という契約になったが、山口の契約年数・価格もこのあたりが基準になってくるのではないだろうか。今季キャリアハイの成績を残したことが評価へとつながるか。

平野佳寿(京都産業大卒12年目・33歳)
549試合 48勝69敗156セーブ139ホールド 974.2回 884奪三振 防御率3.10
※2017年シーズン終了時点

 秋山と似たプレイスタイル・経歴と言えば、青木宣親が挙げられる。ともに大卒で、走攻守三拍子そろった外野手だ。当時29歳だった青木は入札額250万ドル(約1億8800万円)、2年225万ドル(約1億6900万円・3年目は球団オプション)での契約となった。打率こそ青木が優っているが、長打力は秋山がやや上回っており、ほぼ同水準の成績を残している。しかし、年齢にシビアなMLBだけに大型契約とは難しいか。

青木宣親(早稲田大卒8年目・29歳)
985試合 1284安打 84本塁打 385打点 164盗塁 打率.329
※数字は2011年シーズン終了時点

1/2ページ

最終更新:2019/12/3(火) 6:20
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事