ここから本文です

内縁の妻の息子逮捕も否認 自宅から複数のナイフ発見

12/3(火) 11:28配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

東京・東久留米市の住宅で、11月、55歳の男性が刃物で刺されるなどして殺害された事件で、逮捕された男の自宅からは、複数のナイフが見つかっていたことが新たにわかった。

無職の三ツ本寛己容疑者(28)は、11月8日、東久留米市の住宅で、会社員の二岡一浩さん(55)を刃物で突き刺すなどして殺害した強盗殺人の疑いが持たれている。

三ツ本容疑者は二岡さんの内縁の妻の息子で、警視庁が11月、三ツ本容疑者の自宅を家宅捜索したところ、複数のナイフが見つかったという。

三ツ本容疑者宅近くの飲食店店主「(三ツ本容疑者とみられる男が来たのは?)事件があってからかもしれない。1人で来た。物静かで、親しみやすい感じ」

調べに対して、三ツ本容疑者は「やっていません」と容疑を否認している。

FNN

最終更新:12/3(火) 14:42
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事