ここから本文です

マカオ返還20周年を記念した花火大会…広東省珠海市と初の合同開催に=12月22日午後9時から30分間

2019/12/3(火) 9:49配信

マカオ新聞

 今年(2019年)12月20日にマカオの中国復帰(マカオ返還)20周年を迎えるにあたり、現地では様々な祝賀イベントの開催が予定されている。

 マカオ特別行政区政府と広東省珠海市人民政府は12月2日に記者会見を開き、12月22日午後9時(現地時間)から、マカオ返還20周年を記念した花火大会を初めて合同開催すると発表した。これまでも返還記念花火大会は毎年開催されてきたが、マカオの単独開催だった。

 花火の打ち上げ場所は、マカオ側海域がマカオタワー沖、中国本土側の海域が珠海市の横琴島北東沖の海上で、マカオの西灣大橋を挟んですぐ隣という位置関係。4艘の船と16の特殊効果燃焼プラットホームを展開し、30分間で16万発の花火を打ち上げるほか、56艘の無人船と600台のドローンを使った演出を返還記念花火大会として初採用するとのこと。開催規模は過去最大になるとした。

 マカオ側ではマカオタワー前、観音像前、タイパ島北部の3ヶ所に音響設備が設けられ、花火と音楽のシンクロを楽しめるという。

最終更新:2019/12/3(火) 9:49
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事