ここから本文です

「マグロが消えた...」大間の漁師がピンチ...追跡取材で見えた激減の謎

12/3(火) 12:02配信

テレ東プラス

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー。今回は、クロマグロが減少の一途をたどる中、漁師の奮闘を追跡。さらに、マグロの絶滅危機から脱したスペインの成功例から日本のマグロ復活への道筋を探る。

マグロはなぜ消えた!? 漁獲規制の裏側で、ずさんな管理の実態が明らかに....

老若男女問わず日本人に親しまれているマグロ。毎年行われる初セリの模様は新春を告げる風物詩となっている。今年、市場最高値となる3億3360万円を付けたのは青森県大間のクロマグロ。ところが大間のマグロ漁が、いま危機的状況に直面していた。

去年11月。マグロ漁の最盛期を迎えた大間で、ベテラン漁師・泉徳隆さん(66歳)は、2ヵ月以上もマグロが釣れない状況が続いていた。ここ数年、大間ではマグロの群れが激減。漁師たちは借金をしてまでも、マグロ一匹でも映る高性能の探知機に切り替えるなど対応を迫られていた。この日は40隻ほどが漁に出て、釣れたマグロはわずか4本。大間では、マグロの水揚げ量が前年から6割も激減しているのだ。

日本近海のクロマグロの数は、乱獲などによって激減。1995年には6.7万トンあったクロマグロの資源量は2.1万トンに。そこで水産庁は罰則付きの漁獲規制を去年から始め、漁法ごとに漁獲枠を設定。30キロ以上のマグロの場合、「一本釣り」などには1475トン、「まき網漁」には2倍以上の3153トンの枠を振り分けた。この漁獲枠をめぐり、“一本釣り“と“まき網“が対立。大間の一本釣り漁師たちは、一回の漁で大量のマグロを獲る“まき網船“に与えられた枠が多すぎる、と不満の声を上げる。

今年7月初旬。まき網船の一大拠点、鳥取県・境港のセリ場を訪ねると、約600本のクロマグロが並んでいた。実はクロマグロは6月~7月、産卵のため日本海に集まる。産卵のために水面に集まったマグロを“まき網船“が獲って、境港に水揚げしているのだ。

クロマグロの資源量が危機的な状況にあるなか、「“まき網船“が産卵期のマグロを大量に獲ったら問題だ」。6月、全国のマグロの一本釣りや“はえ縄“の漁師が、漁獲枠の見直しを求めて東京に集結した。漁師たちは、“まき網船“を操業する企業の親会社へ直談判を試みる。さらに番組は元まき網船の乗組員に接触。まき網船で行われている、ずさんな実態が明らかに...。

1/2ページ

最終更新:12/3(火) 13:11
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事