ここから本文です

1960年代のダイバーズウオッチを4万円台で再現!時計専門誌編集長が作ったこだわりの第一弾がクリスマス限定セット!

12/3(火) 19:08配信

ウオッチライフニュース

オリジナルのNATOベルトが付属した期間限定のスペシャルセット

 “OUTLINE(アウトライン)”のファーストコレクションである“コンプレダイバー1960”から、編集部オリジナルNATOベルトが付属するクリスマス限定セットが発売開始された。

 時計ブランド“アウトライン(OUTLINE)”は、「POWER Watch」「LowBEAT」そして「TIME Gear」と数々の時計専門誌を手がけている総編集長、菊地吉正が、数多くの時計に長年接してきた経験を生かし、大人でも着けられる5万円アンダーの時計にこだわって作りたいと、自らが立ち上げたブランド。
 2019年の1月から第1弾である“コンプレダイバー1960”を発売し、2019年の11月には第2弾の“ミリタリーTYPE1940”を発売。目の肥えた時計ファンをはじめ、幅広いユーザーから人気を獲得している。

 今回紹介するのは、そんな“アウトライン(OUTLINE)”から登場した編集部オリジナルNATOベルトが付属するクリスマス限定スペシャルセットだ。
 第1弾の“コンプレダイバー1960”をベースにしており、レギュラーモデルで付属しているヴィンテージ調レザーベルトとマットなブラウンのカーフベルトに加えて、ストライプ柄がおしゃれなNATOベルトがさらにもう1本追加。販売価格はそのままで、気分に合わせて三つのスタイルでアレンジを楽しむことができるお得な仕様となっている。

》特製ナイロンベルトでカジュアルスタイルにアレンジ

 レギュラー仕様の場合、“コンプレダイバー1960 ネイビー”は文字盤に合わせたネイビーのヴィンテージ調イタリア製レザーベルトを採用。ネイビーでトレンド感を加えつつ、落ち着いた雰囲気に仕上げられている。NATOベルトを装着してカジュアルダウンすることで、ジャケットなどビジネスカジュアルスタイルとも相性のよいスタイルにアレンジできる。

 “コンプレダイバー1960 ブラック”はブラック文字盤と相性の良いブラウンのヴィンテージ調イタリア製レザーベルトを装着。NATOベルトに付け変えることで、よりミリタリーな雰囲気が増してくるのが魅力的だ。NATOベルトはレザーベルトに比べて水に強いので、湿気の多い夏場を含めて、オールシーズン着用できるのも嬉しいポイントだ。

1/2ページ

最終更新:12/7(土) 9:56
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事