ここから本文です

【動画】晴れても北風冷たい 北日本は冬の嵐 北日本5日にかけて猛ふぶきや大雪に警戒を(3日7時更新)

12/3(火) 7:46配信

ウェザーマップ

 きょう(火)は冬型の気圧配置が強まり、北日本の日本海側では猛ふぶきや大雪に警戒が必要です。晴れる太平洋側も北よりの風が冷たいでしょう。気温の変化で体調を崩さないようにお気をつけください。

 きょう(火)は、冬型の気圧配置が強まり、日本海側は寒気に伴う雨雲や雪雲がかかりそうです。山陰から北の日本海側は雪や雨となり、特に北日本では雪の強まる所がありそうです。全国的に北よりの風が強まり、東北や北海道では瞬間的には35メートルの非常に強い風が吹く見込みです。北日本の日本海側では見通しが全くきかなくなるような猛ふぶきとなるおそれがあります。車の運転などは無理をしないで、猛ふぶきや吹きだまりによる交通機関の乱れにお気をつけください。
 また、北日本では日本海側を中心に、5日(木)にかけて大雪になる所もあるでしょう。なだれなどにも注意してください。暴風や高波にも警戒が必要です。

 太平洋側は天気が回復して晴れ間が戻るでしょう。ただ、晴れる所も北風が冷たく吹きそうです。
 日中の気温は全国的にきのう(月)より低く、北陸や北日本では大幅に低くなる所もあるでしょう。日本海側は北風でいっそう寒く感じられそうです。名古屋や大阪は12℃など、日差しがあっても北風が冷たいでしょう。東京は17℃まで上がる予想ですが、夕方以降は冷えてきそうです。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:12/3(火) 7:46
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい