ここから本文です

NEXCO西日本が年末年始期間の渋滞予測について発表

2019/12/3(火) 7:05配信

MOTA

NEXCO西日本が年末年始の渋滞予測を発表

NEXCO西日本は、2019年12月27日~2020年1月5日に管内の高速道路における10km以上の渋滞予測をとりまとめた。
高速道路を利用するユーザーには、渋滞ピークが予測される日や時間帯を前後にずらすなど、渋滞を避けた利用呼びかけている。

■帰省中の高速道路でクルマが故障したら? 正しい事故回避の画像を見る(全10枚)

名神高速などでピーク時20km以上の渋滞予想

今回の年末年始期間は、2020年1月2日から同年1月4日にかけて、特に多くの渋滞が発生すると予測している。
特に名神高速道路、九州自動車道では、ピーク時20km以上の渋滞が発生すると予測している。このほかにも、阪神高速3号神戸線から第二神明道路に跨ったピーク時20km以上の渋滞を予測している。
また渋滞のピークを避けるため、出発日時を前後にずらすなどの対策を呼びかけている。渋滞予測情報を冊子やウェブサイトで、道路交通情報を「アイハイウェイ」などで提供しており、高速道路の利用前に活用したいところだ。
さらに交通混雑期には渋滞にかかわる事故も多く発生する傾向にある。運転の際は、前方に注意し、車間距離を十分に確保したい。

渋滞情報の提供について

渋滞予測情報および道路交通情報は、以下から利用できる。
■渋滞予測情報
・渋滞予測ガイド (SA・PAなどで配布、ウェブサイトでも掲載)
・渋滞予測カレンダー
渋滞の発生箇所、時間帯毎の渋滞長、渋滞ピーク時の時刻などが分かる。旅行日や旅行時間の計画に役立てたいところだ。
■道路交通情報(リアルタイム情報)
・アイハイウェイ
事故や気象などの影響で渋滞が発生する場合があり、刻々と状況は変化するので、出発前や旅行中に活用したい。

混雑対策の取組み

今回の渋滞予測や過去の交通混雑期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始等)の状況を踏まえて、特に激しい混雑を予測している期間に、休憩施設での駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車マスの確保などの混雑対策を実施する予定だ。

渋滞緩和について

ユーザーのちょっとした心掛けで渋滞の緩和に繋がる為、協力を呼びかけている。
■速度を低下させない!
上り坂など速度低下を注意喚起している場所では、速度回復に努めたい。
(上り坂などの渋滞発生箇所付近において、LED標識で「速度低下注意」や「速度回復願います」を表示)
■車間距離をつめ過ぎない!
走行中は余計なブレーキを踏まないように十分な車間距離の確保をしたい。
■追越車線に集中しない!
渋滞の悪化を招く為、必要以上の車線変更は控えたいところだ。

MOTA編集部

最終更新:2019/12/3(火) 7:05
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事