ここから本文です

年末年始の渋滞予測2019~2020。名神高速で25kmの渋滞【NEXCO西日本】

2019/12/3(火) 12:30配信

Park blog

NEXCO西日本は、同社管内の高速道路における年末年始(2019~2020年)の渋滞予測を発表した。渋滞のピークは、上り線で1月2、3日。下り線で1月2~4日。名神高速と九州道で最大25km。第二神明道路で最大23kmの渋滞が発生する見込みだ。

【写真を見る】名神高速での渋滞回避方法をお教えします!

NEXCO西日本管内の渋滞ピークは1月2~4日

 NEXCO西日本によると、上り線の渋滞のピークは1月2、3日。この2日間で10km以上の渋滞が12回発生する見込み。一方、下り線の渋滞のピークは1月2~4日。この3日間で10km以上の渋滞が35回発生する見込みだ。

【NEXCO西日本・年末年始の渋滞回数(ピーク日)】
下り線
・1月2日 10km以上の渋滞が7回発生
・1月3日 10km以上の渋滞が5回発生

上り線
・1月2日 10km以上の渋滞が11回発生(うち1回は25km以上)
・1月3日 10km以上の渋滞が14回発生(うち2回は25km以上)
・1月4日 10km以上の渋滞が10回発生

 NEXCO西日本は、これらの日を避け比較的渋滞が少ない日に利用日を変更するよう呼びかけている。道路ごとの渋滞状況を見てみよう。

名神高速で最大延長25kmの渋滞

名神高速において、ピーク時の渋滞長が15km以上となる渋滞区間は以下の通り。

【名神高速の主な渋滞(下り)】
・12月27日(金)15~20時 栗東IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・12月27日(金)15~20時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約75分(通常より約64分増)
・12月28日(土)15~20時 栗東IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・12月28日(土)15~20時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約75分(通常より約64分増)
・1月2日(木)9~21時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・1月2日(木)9~21時 竜王IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約80分(通常より約65分増)
・1月3日(金)9~19時 栗東IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長15km 所要時間約60分(通常より約49分増)
・1月3日(金)9~19時 信楽IC ⇒ 京都東IC
 渋滞長20km 所要時間約60分(通常より約49分増)

【名神高速の主な渋滞(上り)】
・1月2日(木)8~21時 大山崎JCT ⇒ 草津JCT
 渋滞長25km 所要時間約100分(通常より約81分増)
・1月3日(金)9~20時 大山崎JCT ⇒ 草津JCT
 渋滞長25km 所要時間約100分(通常より約81分増)
・1月4日(土)9~21時 京都南IC ⇒ 草津JCT
 渋滞長20km 所要時間約80分(通常より約65分増)

 名神高速で最も長い渋滞は、1月2日と3日に大山崎IC ⇒ 草津JCTで発生。この区間を通過するのに通常の約5.3倍の時間を要する。

1/3ページ

最終更新:2019/12/3(火) 12:30
Park blog

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事