ここから本文です

【ラグビー】宮崎で始動のパナソニックはまるで「世界選抜」。ファンの期待高まる。

12/3(火) 12:56配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 来年1月12日に開幕するジャパンラグビートップリーグ2020に向け、パナソニック ワイルドナイツが12月1日、宮崎市で合宿に入った。
 トップリーグで3季連続優勝(2013~2015年度)をしたチームも一昨季は2位、昨季は6位。堀江翔太、稲垣啓太、福岡堅樹ら主力に日本代表選手を多く擁し、限られたメンバーで戦うシーズンが続いていた。
 今季も、ワールドカップ出場選手は11月までチームを離れていたため、宮崎での合宿が、チーム全体としての初練習(藤田慶和はセブンズ日本代表に参加中)。

 グラウンドには2年ぶりにチームに戻ってきたオーストラリア代表FLデービッド・ポーコック、初加入の南アフリカ代表CTBダミアン・デアリエンディ、2日には同じく新加入のニュージーランド代表LOサム・ホワイトロック、バーバリアンズのコーチをしていたロビー・ディーンズ監督も合流。日本代表選手らも加わった宮崎市運動公園のグラウンドは、さながら「世界選抜」の顔触れ。平日午後にも関わらず、多くのファンもスタンドを埋めた。

 ニュージーランド協会と新たに4年の契約をかわしたホワイトロックはサバティカル(特別休暇)として、ワンシーズンのトップリーグ参戦となる。
 2014年度、兄のジョージがパナソニックでプレーしていたこともあるが、一番の理由は「ディーンズ監督のコーチングを受けたかったのです」。クルセイダーズの偉大な指導者を慕っての参戦だ。

 デアリエンディは2015年シーズンに近鉄に在籍。その後はストーマーズでプレーしていた。
「スーパーラグビーは移動が大変だし、試合数も多い。家族と一緒にいる時間も少ない。もう十分プレーした」と日本でのプレーを決意。最初に声をかけたのがパナソニックだったという。

 堀江、稲垣、福岡ら日本代表クラスに加え、さらに世界のトップが加わったことで、期待はさらに高まる。
 ディーンズ監督は「これまでうちは苦しい状況で戦ってきましたが、ワールドカップも終わって日本代表の選手も大きな責任を果たした。今季は総当たり方式で、真のチャンピオンが決まる。間違いなく、過去最高のトップリーグになるでしょう」と、楽しみな予言をしてくれた。

(文:森本 優子)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事