ここから本文です

ダービー2着馬の弟ドゥーベが★7獲得も、気難しい面が…

12/3(火) 15:35配信

優馬

競馬専門紙「優馬」2歳馬チェック

12/1(日) 阪神7R 2歳未勝利 芝1600m外
ドゥーベ 牡 馬体重:490kg(+2)
★★★★★★★ 7点
騎手:北村友 厩舎:(栗) 音無
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
父ダイワメジャー
母トゥーピー(Intikhab)

スタートを決め、スッと先手を主張。4角のコーナリングでジワッとリードを広げて直線へ。ゴール前は2着馬の猛追にあったが、並ばれてからが渋太く、最後まで前を譲らなかった。3着以下は7馬身も離しており、2着馬とはクビ差だが、十分に評価できる内容と言える。気難しい面はありそうだが、高い走力がある。

■馬体診断
前走から2ヵ月ほど間隔はあいたが、馬体はキッチリ仕上がっていた。ややテンションが高く、発汗も見受けられたパドックでの周回だが、イレ込むと言うまでではなかった。筋肉量も十分で、脚捌きも柔らかい。今回はマイル戦への距離短縮だったが、マイラー然とした体型という訳でもなく、折り合い次第では距離もある程度はこなせそう。

■血統診断
母トゥーピーはフランスでGIIIを勝ち、GIの仏1000ギニーで2着。本馬の半兄サトノラーゼン(父ディープインパクト)は京都新聞杯を勝ち、ダービー2着。もう1頭の半兄サトノクロニクル(父ハーツクライ)はチャレンジC1着、阪神大賞典2着。本馬は父がダイワメジャーに替わり、マイル適性が強く出た印象。兄達のように2000mを越える距離ではなく、1600m~1800mがベスト。

馬券の狙い目→芝のマイル前後が理想的な距離。現状ではスピードを生かせる開幕週のような先行有利な芝が合っているが、気難しさがありテンションの高さや同型の存在には注意したい。

最終更新:12/3(火) 15:35
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事