ここから本文です

冬型の気圧配置強まる 北日本では5日(木)にかけても暴風雪・高波に警戒を

12/3(火) 6:17配信

ウェザーマップ

 北日本では、4日(水)にかけて日本海側を中心に雪を伴って非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要だ。また、北日本では、5日にかけて、日本海側を中心に雪が降り大雪となるところがあり、大雪によるなだれなどに注意が必要となる。

 低気圧が急速に発達しながらオホーツク海を北に進んでいる。一方、大陸に中心を持つ高気圧が西日本に張り出しており、日本付近は冬型の気圧配置となっている。低気圧は4日にかけてオホーツク海で概ね停滞するため、北日本では、日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけが続く見込み。

暴風雪・高波

 北日本では、4日にかけて、日本海側を中心に雪を伴って非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。また、5日も北日本では大しけとなる所がある見込みで、暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要だ。

3日・4日に予想される最大瞬間風速
北海道、東北・・・35メートル
 
3日・4日に予想される波の高さ
北海道、東北・・6メートル

大雪

 北日本では、5日にかけて、日本海側を中心に雪が降り大雪となるところがあり、大雪による交通障害やなだれに注意が必要となる。

4日午前6時までの24時間に予想される降雪量(多いところ)
北海道・・50センチ、東北・・30センチ

その後、5日午前6時までの24時間に予想される降雪量(多いところ)
北海道、東北 30~50センチ

最終更新:12/3(火) 6:34
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事