ここから本文です

【バレー】コートに立てない主将の戦い方 受け継いだ「1」の重み 福山平成大、早稲田と再戦

12/3(火) 17:30配信

4years.

全日本インカレ4日目の11月29日は準々決勝4試合が実施され、3連覇を目指す早稲田大と福山平成大が激突。昨年の決勝カードの再現に、会場は沸いた。

王者・早稲田が主導権を握り、猛追をかわす

主導権を握ったのは、序盤から試合巧者ぶりを発揮した早稲田だった。ターゲットを狙い、相手の攻撃パターンを絞らせるサーブが走り、福山平成大の攻撃を切り返す。福山平成大は2-5と3点をリードされるも、セッターの福元浩太郎(3年、東福岡)は「焦りはなかった」と冷静に振り返る。

「早稲田のブロックはお手本通りのリードブロックで、組織力が高いです。スパイクを通すのは簡単ではないんですけど、それでも(センターからの)クイック、パイプ(後衛中央からのバックアタック)と、『自分たちの武器で挑もう』ということだけ意識してました」

そもそも組み合わせを見たときから、順当に勝ち進めば準々決勝で早稲田と当たる確率が高いと分かっていた。その時点から福元は「楽しみだったし、昨年のリベンジを含め、早稲田と戦いたかった」と言う。

前回の全日本インカレ決勝で敗れてから1年。チームとして磨き上げてきた武器や力を試すべく、全力でぶつかる。これ以上の相手はいないと言っても過言ではない。序盤、中盤は早稲田にリードを許すも、当初のプラン通り、コート中央からのクイック、バックアタックで福山平成大も応戦。藤原幸一郎(1年、松江西)のスパイクやサーブで猛追し、21-21と一時は同点まで追い上げた。

しかし追い上げられたからといって、ここで崩れないのが王者・早稲田の強さでもある。福山平成大と同様に、コート中央からの攻撃を積極的に使い、終盤に再び連続得点。最後は福山平成大の三好佳介(3年、高松工芸)のスパイクが止められ、第1セットは早稲田が先取。2セット目からも主導権を握った早稲田が福山平成の追随を許さない。3-0で早稲田が勝利し、一番乗りで準決勝進出を決めた。

史上初の決勝進出を果たした福山平成大は昨年、攻撃の軸を担った主将の迫田郭志(FC東京)がそのままチームの軸になっていた。苦しいときにトスを上げれば決めてくれたし、その背中でチームを引っ張る絶対的な存在だった。

迫田ら4年生が卒業し、新チームは昨年から試合出場経験を重ねてきた3年生が主軸を担った。東福岡高でもセッターとして全国大会で経験を重ねた福元や、ミドルブロッカーからアウトサイドヒッターに転向した三好など、器用な選手がそろい、戦力は充実していた。それでも中国リーグでは東亜大の壁に阻まれ2位に終わった。東福岡高で全国を制した先輩がそろう東亜大に対し、福元は「最後の全日本インカレでは、自分たちの方が(東亜より)上にいきたかった」と並々ならぬ闘志を抱いていた。

1/2ページ

最終更新:12/4(水) 14:16
4years.

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい