ここから本文です

中川家礼二と松井玲奈がテープカット「特別展 天空ノ鉄道物語」が本日開幕

12/3(火) 19:48配信

チケットぴあ

JRグループ7社に加え全国の私鉄各社が海抜250メートルの天空で一堂に会する話題のイベント「特別展 天空ノ鉄道物語」がいよいよ本日スタート。前日には、公式アンバサダーに就任した中川家礼二、松井玲奈が記者会見に登場。開幕を告げるテープカットを行った。

【画像満載!】「特別展 天空ノ鉄道物語」記者会見の模様

会場は、六本木ヒルズ森タワー52階「森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー」。開業以来、前列がないという52階全フロアを使用した広大なスペースに、およそ1000点に及ぶ鉄道関連の貴重な展示品が並ぶ。日本を代表する鉄道各社の協力があってこそ実現した、1964年からなんと未来に至るまで、半世紀を超える鉄道の歴史と文化を目の当たりにできる、貴重なイベントとなっている。

アンバサダーに就任した中川家礼二は、「JR7社の制服が1度に見られるなんてすごい!」と興奮を語った。「歴史はもちろん、鉄道と戦隊モノが一緒になったシンカリオンの展示もあり、幅広い世代に楽しんでもらえるはず。ちょっと疲れているなぁなんて方には、夜の天空駅に来て癒やされてほしい」とのこと。松井玲奈は、「鉄道を好きになったきっかけでもある0系新幹線のアンテナが展示されていて、見つけた瞬間に思わず感動で叫んでしまいました。普段は車両のアタマにあるから見えないんです。それが目の前にあるなんて…」と、熱い新幹線愛を語った。ふたりは会見が終わると館内を巡り、触れると何かが起こる「鉄道車両ドアインスタレーション」などを楽しんだ。

イベントでは食事メニューも充実。会場内には「天空駅カフェ」が期間限定でオープンし、「天空駅そば」、オリジナル駅弁「ドア弁」、電車の形をした「雪化粧列車のチーズケーキ」など、味はもちろん目でも楽しめるデザートなどを提供。前期と後期で一部メニューが変わるもの楽しみ。

1日ではすべて体験し尽くすには足りない。二度三度と、朝に夜にと、何度でも楽しめるかつてない規模で展開される鉄道イベント「特別展 天空ノ鉄道物語」は12月3日(火)~2020年3月22日(日)まで、六本木ヒルズ森タワー52階「森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー」にて開催。

最終更新:12/3(火) 19:48
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事