ここから本文です

東京・豊洲に 暫定施設「江戸前場下町」1月開業へ

12/3(火) 20:44配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京都の豊洲市場に整備される暫定的なにぎわい施設について、名前を「江戸前場下町(じょうかまち)」として、2020年1月に開業することが明らかになりました。

 「江戸前場下町」と名付けられた施設は豊洲市場の青果棟の周辺に整備され、新鮮な食材を生かしたすしや海鮮丼が楽しめる飲食店など21店舗が入ります。

 豊洲市場の観光施設を巡っては、東京都は「千客万来施設」を2023年に開業する予定ですが、都は暫定的にこの店舗を開業することで「千客万来施設」ができるまでの間も周辺ににぎわいを生み出したい考えです。

 「江戸前場下町」は1月24日に開業する予定で、営業時間は午前9時から午後6時までです。

最終更新:12/3(火) 20:44
TOKYO MX

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事