ここから本文です

駿河湾フェリー 松崎港も選択肢に

12/3(火) 19:18配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 県や市町が2019年6月から運営する駿河湾フェリーについて、川勝知事は松崎港も選択肢になると述べ、航路を検討する可能性を示しました。
 清水港と土肥港を結ぶ駿河湾フェリーは経営難が続き、2019年6月から県と6つの市町が運営しています。新たな体制のもとでも輸送人員は伸び悩み、年間目標の20万人達成は「不可能に近い」と指摘され、厳しい状況です。
(川勝知事)「航路も含めて考える余地がある。これは国交省の許可も得なくてはいけませんが。松崎に行くと北は西伊豆、南は南伊豆、下田にも出やすくなる。そういうことも議論としてやっていこう。」
 川勝知事はフェリーの着岸について松崎港は可能性があるとし、賀茂地域へのアクセス向上策として航路を延ばすことを提案しました。
(川勝知事)「来年の当初予算で組めるように集中的に話をして、当初予算に盛り込めるようにしたい。」
 航路を延ばすことに加え、船内の空間を楽しむための工夫も大切だとしています。

静岡放送(SBS)

最終更新:12/3(火) 19:49
静岡放送(SBS)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事