ここから本文です

深夜に食べても罪悪感なし!管理栄養士がおすすめする レンジで簡単レシピ

12/3(火) 20:11配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。11月26日(火)の生放送では、「日清MCTオイル presents これから、女子力あげちゃう?」のコーナーに、管理栄養士でフードコーディネーターの北嶋佳奈さんが登場。食に関するリスナーからの悩みに答えました。

【写真を見る】パーソナリティの高橋みなみ(写真右)

◆美味しさを知ってほしい!

<リスナーからのメッセージ>
「8歳の娘が玉ねぎ嫌いです。きつね色になるまで炒めて料理に入れても、なぜか発見されてしまい……玉ねぎのおいしさを知ってもらうためのおすすめのレシピはありますか?」(31歳 女性)

玉ねぎ嫌いの子どもにとって、嫌いな理由やポイントはさまざま。そこで、北嶋さんは原因に合わせていくつかの料理を提案します。

ニオイや辛味が気になる子には、定番の「オニオングラタンスープ」がおすすめ。食感が苦手なら、バターでしっかり炒め、コンソメスープと牛乳で味付けをしてミキサーにかける「玉ねぎのポタージュ」。見た目がわからず風味の良さを味わえます。

加熱したタマネギが苦手なら、玉ねぎを薄くスライスして水にさらし、辛味を抜いて、ツナとマヨネーズで味付けする「玉ねぎサラダ」。また、1センチ角に切り、しっかり炒めたベーコンにチーズと卵を加えて焼く「スパニッシュオムレツ」などの提案も。「お子さまはベーコンとチーズ好きが多いので喜ばれるのでは」と話します。

また、オニオングラタンスープやポタージュ、サラダなどをお父さんお母さんが食べる場合は、日清MCTオイルを回しかけ、食事ケアを忘れずに!とアドバイスを送りました。

◆夜食にぴったり! ヘルシーな鶏団子鍋

<リスナーからのメッセージ>
「うちの夫は、いつも最終電車で帰ってきて、24時過ぎから夜食をとるのが日課。でも、残業の合間にも軽食をとり、結局夜ご飯を2回食べています。作るのが簡単で、胃もたれしないヘルシーなメニューはありますか?」(35歳 女性)

2度の夜ご飯は、健康・体型ともに心配……そこで北嶋さんが提案するのは、レンジで簡単にできる「鶏団子はるさめ鍋」です。

みじん切りした長ネギと、鶏ひき肉、片栗粉、塩こしょうを混ぜ、丸めて鶏団子をつくります。続いて、レンジOKのマグカップや1人用のお鍋に、水、鶏がらスープの素、おろししょうがを入れ、先ほどの鶏団子とはるさめを加えます。さらに、豆苗を乗せ、ふんわりとラップをかけて、600ワットのレンジで4分加熱。食べる直前に黒こしょう、風味づけにほんの少しごま油、日清MCTオイルを回しかけたらできあがりです。

鶏団子は作り置きもでき、レンジにかける直前までの状態にして置いておけば、先に寝てしまっても大丈夫。作業工程も少なく簡単です!

試食した たかみなは「しょうがのおかげで体の中からじっくりポカポカしてくる。はるさめと豆苗、鶏団子の組み合わせが抜群!」と絶賛していました。

飲み会も多くなるシーズン、みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」11月26日(火)放送より)

最終更新:12/3(火) 20:59
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事