ここから本文です

バロンドール受賞逃したファン・ダイク「誇りに思う。夢を諦めなかった結果」

12/3(火) 7:02配信

GOAL

メッシには賛辞

リヴァプールのDFヴィルヒル・ファン・ダイクは、バロンドールで2位という結果にも前向きに語った。

2日にバロンドール授賞式が行われ、リオネル・メッシの通算6度目の受賞が発表された。ファン・ダイクはリヴァプールでチャンピオンズリーグ優勝、オランダ代表のキャプテンとしてネーションズリーグ準優勝などの結果を残したが、惜しくも2位という結果に終わっている。

それでも、ファン・ダイクは「ここまでやれたことを誇りに思う。ここにノミネートされるとも思っていなかった。それは僕のキャリアが物語っている。例えば、メッシとは全く違う。夢を諦めなかったんだ。今の自分を誇りに思うし、これからも努力を続ける。来年もまたここに来るよ」と話した。

また、メッシについては「6度目の受賞はリスペクトしなければならない」とコメント。同様にロベルト・レヴァンドフスキも『レキップ』で「6度目なんて信じられないね。彼は世界最高の選手だし、歴史に名前を刻むだろう」と賛辞を贈った。

最終更新:12/3(火) 7:02
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事