ここから本文です

ウクライナ議員狙った銃撃で3歳息子死亡、10代の容疑者2人拘束

12/3(火) 17:16配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【12月3日 AFP】ウクライナの首都キエフで1日、車を運転していた地元議員ビャチェスラフ・ソボレフ(Vyacheslav Sobolyev)氏を狙った銃撃事件が発生し、一緒に車内にいたソボレフ氏の息子(3)が撃たれ死亡した。ソボレフ氏にけがはなかった。警察は2日、ライフルを所持していた18歳と19歳の容疑者2人を拘束したと発表した。

 事件は実業家でもあるソボレフ氏が経営するイタリアンレストランの前で発生。警察は犯行動機にソボレフ氏の事業があるとしており、現在事件の首謀者を追っている。

 ソボレフ氏はペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)前大統領が率いる政党に所属し、キエフで議員を務めている。

 映像はウクライナ国家警察が撮影・提供。(c)AFPBB News

最終更新:12/3(火) 17:19
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事