ここから本文です

立教大の16勝左腕・田中は大阪ガスへ!両投げ投手・赤塚は海外留学、元浦学エース・江口はJALへ

2019/12/3(火) 18:00配信

高校野球ドットコム

 東京六大学野球連盟に所属する立教大野球部が2019年度の卒業生の進路を発表した。

【写真】特殊過ぎる!両投げ投手・赤塚 瑞樹のグローブ

 硬式野球を継続する選手は以下の通り。
【投手】
田中 誠也(大阪桐蔭出身 ⇒大阪ガス)
手塚 周(福島出身 ⇒SUBARU)

【捕手】
藤野 隼大(川越東出身⇒Honda)

【内野手】
江藤 勇治(東海大菅生出身⇒日立製作所)
笠井 皓介(桐蔭学園出身⇒明治安田生命)

【マネージャー】本郷 佑弥(相模原出身 ⇒明治安田生命)

 選手として硬式野球を継続するのは、5名。東京六大学通算16勝の技巧派左腕・田中 誠也、強打の捕手・藤野 隼大、リーグ戦3本塁打の江藤 勇治も日立製作所で続ける。

 高校時代、完成度の高いピッチングで甲子園4強に導いた江口 奨理(浦和学院出身)は硬式野球をやめ、JAL(日本航空)に就職。両投げ投手として注目を浴び、4年秋のリーグ戦初登板4試合を経験した赤塚 瑞樹は海外留学する。

 進路は分かれるが、野球を続ける選手も、野球をやめ、新社会人になる選手も、次のステージでの活躍を期待したい。

河嶋宗一(高校野球ドットコム編集部)

最終更新:2019/12/3(火) 18:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事