ここから本文です

高松駅前の公衆トイレに愛称 日立造船が命名権購入 年10万円で来年4月から3年間

12/3(火) 18:30配信

KSB瀬戸内海放送

 ネーミングライツによって、ある施設の愛称が決まりました。高松市は、市の管理する公衆トイレに愛称を付ける権利「ネーミングライツ」を日立造船が購入すると発表しました。

(記者)
「こちらがその公衆トイレなんですが、場所は、ご覧ください、JR高松駅前にある公衆トイレなんです」

 このトイレの愛称は、2020年4月から「Hitz瀬戸の都トイレ」となります。Hitz(ヒッツ)は日立造船の愛称で、こちらのトイレで同社は、環境美化を呼びかけたいとしています。

 高松市はネーミングライツの活用で新しい財源を確保したいとしており、市の施設では屋島レクザムフィールドに続いて2例目となります。
 命名権料は年間10万円で2020年4月から3年間の契約です。

 また、市では東部運動公園など7つのスポーツ施設や市内6つの図書館すべての命名権を募集することも、12月3日に発表しました。

最終更新:12/3(火) 19:18
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事