ここから本文です

武藤嘉紀は「不運な状況にいる」…不発の3トップの起用を続けるニューカッスル監督が言及

12/3(火) 18:06配信

GOAL

マンチェスター・C戦でもベンチ外…

ニューカッスル率いるスティーヴ・ブルース監督が、あらためてFW武藤嘉紀の状況に言及した。地元メディア『シールズ・ガゼット』がコメントを紹介した。

今シーズン、リーグ戦では0-5の大敗に終わった9月末のプレミアリーグ第7節レスター・シティ戦ではスタメンを果たしてから出場機会を得ていない武藤。11月30日に行われ、2-2と引き分けた第14節マンチェスター・シティ戦では7試合連続欠場、4試合連続ベンチ外となった。

ブルース監督はシティ戦でも攻撃陣としてはワントップにFWジョエリントン、左ウィングにMFアラン・サン=マクシマン、右ウィングにミゲル・アルミロンを起用するも、3人はまたもゴールを決められず。シティ相手に得点を記録したのは左サイドバックのDFジェトロ・ウィレムスとMFセントラルMFのジョンジョ・シェルヴィーだった。

それでも同監督が考えるFW陣の序列は変わらないかもしれない。最近では1月の移籍市場で移籍の可能性も伝えられる武藤について、「チャンスが訪れたときにものにするべき」と言及すると、「彼の不運な状況にいる。私はヨッシー(武藤の愛称)のことは好きだが、我々には現時点、彼の前に位置するメンバーがいる。彼がどのような方向に進むか、見ていこう」と話している。

ライバルFWが結果を残していないものの、レスター戦以降の2カ月間でのチームの成績は3勝2分け2敗とまずまず。そんななか、ベンチにも含まれていない武藤は前線のメンバーが負傷離脱を強いられない限り、この先出場機会が訪れるのだろうか。

最終更新:12/3(火) 18:06
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事