ここから本文です

40代で新米パパ! 中年期から始める子育てのメリットとデメリット

12/3(火) 20:15配信

LIMO

晩婚化が進んだ今、男性が40代で結婚をし、子宝に恵まれることは珍しくありません。園行事や小学校の行事を見渡しても、40代らしきパパさんは一定数います。小さい頃から「大人なパパさん」を見てきているのか、「お前の父ちゃん年取っている」と揶揄する子供はほとんどいません。

40代から育児スタートする男性が増えたことで、我が子が嫌な思いをする場面は減ってきていますが、本当に問題点はないのでしょうか。今回は、40代で子育てを始める男性のリアルな実情をご紹介していきます。

身だしなみを気にすれば周りから浮かない40代パパ

40代で新米パパ、というと年下パパと見た目も違って子供から嫌われるのではないかと内心びくびくする方もいるかもしれませんが、身だしなみを気にすれば全く浮くことはありません。

筆者の周囲でも、子供がいるからとファッションに気をつけるパパさんが多くいます。その結果、「いくつになってもお洒落を忘れない大人のパパ」という雰囲気をうまく醸し出している印象があります。

知り合いのNさんのパパさんは、40代後半です。下手な若作りはしておらず、大人の余裕を感じる「見た目年齢マイナス5歳」という方。あまりお金をかけず、ワンポイントで流行を取り入れるなどしています。

「小学生の娘から嫌われたくないから、普段から身だしなみを気をつけているの」とNさんは笑っていました。頼りがいがあってお洒落なパパを目指し、反抗期になっても嫌われないよう努力しているそうです。

仕事の経験を子育てに活かせる

ずっと仕事一筋だった男性が、40代で新米パパになることもありますよね。仕事と子育ては畑違いと思われがちですが、育児書通りにいかないのが子育ての真の姿であり、それは仕事のアクシデントと通じるところがあります。

また、仕事人間だったパパさんは、会社で後輩の指導をしてスモールステップの成長に慣れていることも。そうした経験は赤ちゃんの成長と似ているので、余裕を持って子供と接することができるようになります。

Nさん以外にも、40代で新米パパになった旦那さんを持つママさんが周囲に数人いますが、「自分よりも子供に対してイライラしない」と口を揃えて言っていたのが印象的でした。

特に新人を育てたことがあると、おおらかな気持ちで育児と向き合えるようです。ただし、子供に甘くなってしまうという弱点もあります。

1/2ページ

最終更新:12/3(火) 20:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事