ここから本文です

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン首位キープ、話題の新星ラッパーがTOP5に急浮上

2019/12/3(火) 13:50配信

Billboard JAPAN

 ポスト・マローンの「サークルズ」が2週目の1位をキープした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週、自身4曲目のNo.1獲得を果たした「サークルズ」は、現地時間11月24日に開催された【2019 アメリカン・ミュージック・アワード】(AMAs)でのパフォーマンス効果を受け、各ポイントがさらに上昇。週間2,460万視聴を記録し、ストリーミング・チャートで5位から3位に、デジタル・ソング・セールス・チャートでは、前週から45%増加の20,000を売り上げ、6位から1位にジャンプアップしている。セールス・チャートでの首位獲得も、通算4曲目。エアプレイ・チャートでは、先週に引き続き3位をキープした(週間9,060万回)。

 ポスト・マローンに首位を略奪されたルイス・キャパルディの「サムワン・ユー・ラヴド」は、今週も2位に停滞。一方、アダルト・コンテンポラリー・エアプレイ・チャートでは自身初のNo.1獲得を果たし、アダルト・ポップ・ソング・チャートでは7週、ポップ・ソング・エアプレイ・チャートでは3週目のトップを維持している。

 先週TOP3入りを果たしたリゾの「グッド・アズ・ヘル」は、週間9,740万回を記録してエアプレイ・チャートで2週目の首位獲得を果たしたものの、総合(Hot 100)では最高位更新とならず、3位に留まった。こちらは、R&B/ヒップホップ・チャートで3週目、R&Bソング・チャートでは5週目の1位をマークしている。同様に、先週4位に最高位を更新したマルーン5の「メモリーズ」も、同位に停滞している。

 今週TOP10入りしたのは、米メリーランド出身の新人ラッパー=アリゾナ・ザーヴァスのデビュー曲「ロクサーヌ」。先週、27位から12位にジャンプアップし、TOP10入り目前となっていた同曲は、予想よりも高い5位まで上昇。前週から22%増加の3,660万視聴を記録し、ストリーミング・チャートでは2週目のNo.1獲得を果たしている。また、デジタル・ソング・セールス・チャートでも42位から33位までランクアップし、エアプレイも週間1,520万回と好成績を残した。

 同曲は、11月16日付チャートで34位にデビューした後、たった4週という短いスパンで5位まで上り詰めている。上昇率、注目度の高さ、ストリーミング記録からみても、次期No.1はこの曲になる可能性が高い。なお、ラップ・ソング・チャートでは今週先立って1位を獲得した。火が付いた理由のひとつとして、動画アプリ<Tik Tok>のダンス・チャレンジに起用されたことが挙げられる。この傾向は、今年最大のヒットを記録したリル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」と類似する。

 前述の【AMAs】で披露された、セレーナ・ゴメスの「ルーズ・ユー・トゥ・ラブ・ミー」は5位から6位にダウン。順位は落としたが、前週から16%増加の6,220万回を記録し、エアプレイ・チャートでは13位から9位に、TOP10入りを果たしている。エアプレイ・チャートでのTOP10入りは、セレーナにとって8曲目のランクイン。

 同アワードでパフォーマンスされたショーン・メンデス&カミラ・カベロの「セニョリータ」は7位に、ダン+シェイとジャスティン・ビーバーのコラボ・ソング「10000アワーズ」は先週の9位から8位に再浮上している。後者は、カントリー・ソング・チャートで通算8週目のNo.1をマークし、【AMAs】ではカントリーの<フェイバリット・デュオ/グループ賞>を受賞している。

 TOP10以下では、オーストラリアのシンガーソングライター=トーンズ・アンド・アイの「ダンス・モンキー」が19位から11位まで上昇し、TOP10入りを狙う。また、ダベイビーの新曲「Bop」が12位、米カリフォルニア出身の新人ラッパー=ロディ・リッチをフィーチャーした(DJ)マスタードの「Ballin」が16位に、それぞれランクアップしている。

 31位から18位に急上昇したのは、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」。毎年、ホリデー・シーズンになると必ず上位にランクインする同曲だが、今年は例年より最も早い週でのデビュー(11月23日付)を飾り、上昇率も好調。今年1月5日付チャートでは、最高位となる3位まで上昇し、ホリデー・ソングとしては初のストリーミング・チャートNo.1獲得を果たした。今シーズンは、さらに上位が見込めるかもしれない。リリースから25年を経て首位獲得が実現すれば、マライアにとっては通算19曲目の快挙達成となる。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、12月6日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「サークルズ」ポスト・マローン
2位「サムワン・ユー・ラヴド」ルイス・キャパルディ
3位「グッド・アズ・ヘル」リゾ
4位「メモリーズ」マルーン5
5位「ロクサーヌ」アリゾナ・ザーヴァス
6位「ルーズ・ユー・トゥ・ラブ・ミー」セレーナ・ゴメス
7位「セニョリータ」ショーン・メンデス&カミラ・カベロ
8位「10,000アワーズ」ダン+シェイfeat.ジャスティン・ビーバー
9位「トゥルース・ハーツ」リゾ
10位「ノー・ガイダンス」クリス・ブラウンfeat.ドレイク

最終更新:2019/12/3(火) 13:50
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事